2020年3月23日のデュエマや時事ネタのあれこれ。
【公式カード公開】
不死妖精ベラドアネ UC 闇/自然文明 (3)
クリーチャー:スノーフェアリー/不死樹王国 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を見る。そのうち1枚を墓地に置き、もう1枚をマナゾーンに置く。
(テキストはwikiより引用)

 公式記事より新カード《不死妖精ベラドアネ》が公開されました
 いや~~~~~イラストが大変お可愛いことですね。
 性能に関しては、青が減って手札追加が無くなった《天災 デドダム》と言った感じですね。
 あちらが2ブロック構築では使えないので、2ブロック構築で黒緑のデッキを組むときはこちらにお世話になることが多くなるのでは無いでしょうか?
  
 逆に言えば、現状では黒緑のちょうど2色であることを活かさない限り「デドダム」で良いのでは?と言われそうなスペックでもあります。  
 差別点を探すとするならば……種族を活かして……。

 「ダイヤモンド・カスケード」の画像検索結果

 数少ない能動的に墓地にアクセスできるスノーフェアリーであることから、この《ダイヤモンド・カスケード》と組み合わせるのはどうでしょうか。「カスケード」はなんだかんだ「パーチャー」あたりにも対応してるので《妖精の裏技ラララ・ライフ》なんかも絡めて、なんらかの無限ループやアドバンテージエンジンにするデッキがもしかしたら出てくるかも……?

【デュエマあれこれ】

 
 
先日の「高騰するかも」カードの続編というか取りこぼしネタみたいなものなのですが、《ジャガライガーV7》が密かに注目されているようです。

ジャガライガーV7 SR 自然文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 8000
マッハファイター(このクリーチャーはバトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルに勝った時、GR召喚する。
自分のマナゾーンでカードをタップする時、バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あれば、タップする好きな枚数のカードのマナの数字を2にしてもよい。

 キリフダッシュと相性がいい、というのが理由らしいですが、個人的には「次の環境GR展開自体が逆風では?」と思ってるのでどうなのだろう……。

 「バーンメア」と違い、《グレープ・ダール》からチェンジして「リツイーギョ」を倒しながらGR召喚ができるのは強みではありますし、エモGと連携すればそのままワンショットも狙えるので、キリフダッシュを絡めた新しい形のバーンメアデッキが組めるのかもしれませんね。
 高騰するかもと思ったら100枚買いましょう。今はどうせ安いですし。

 さて、新弾もついに今週末に迫ってだいぶワクワクしてきましたね。
 それでは、よきデュエライフを!!!